後鼻漏の痰をうまく吐き出す方法

2018年12月25日

ご無沙汰しております。

久々の更新ですが、今回は喉に貼りついた痰をうまく出す方法について書きたいと思います。

後鼻漏がひどい人ですと痰の粘度が高く、下に落ちてこないため、喉の奥にずっとへばりついて気持ち悪い状態が続きます。

そのような場合、まずやっていただきたいのは、「いびきの呼吸」です。

いびきの呼吸

いびきは、喉を震わせるようにして呼吸することによって「ガーっ」という音が出ますが、それを意識的に行うことによって、痰を動かすことができます。

コツとしては、まず顔を下に向けて、前かがみになります。

その後、喉の奥の方を震わせるようにして息を吐き出します。

まさに、いびきで、ガーっとする、あの状態をやるんです!

※この説明と感覚は、難しすぎて文字では表現しきれません。。。

それを何回か繰り返すことによって、痰が下がって、最後にはするっと!出てきます。

ですので、洗面台でやるのがオススメです。

この説明で分かりましたかね?

もし分からなかったら、動画をアップしますので、コメントしてください。

応援よろしくお願いいたします → にほんブログ村 健康管理