副鼻腔炎の原因、症状も理解しておく

上咽頭炎と副鼻腔炎の違いは何かを把握するためには、副鼻腔炎が何たるかを理解しないといけません。

副鼻腔の仕組みと役割

まず、副鼻腔についての説明ですが、鼻の穴の中のことを「鼻腔」といいますが、その鼻腔のまわりには、骨で囲まれた空洞部分が左右それぞれ4個ずつ、合計8個あり、鼻腔とつながっています。この空洞部分が「副鼻腔」です。

syoumendanmen2

4つの副鼻腔は、(1)目と目の間にある「篩骨洞(しこつどう)」、(2)その奥にある「蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)」、(3)目の下にある「上顎洞(じょうがくどう)」、(4)鼻の上の額にある「前頭洞(ぜんとうどう)」です。

副鼻腔は、顔面に強い力がかかったりした時に衝撃をやわらげたり、声をきれいに響かせたりするといわれていますが、その役割ははっきりとは分かっていません。鼻腔や副鼻腔の中は粘膜で覆われており、粘膜の表面には「線毛」(せんもう)と呼ばれる細い毛が生えています。線毛は、外から入ってきたホコリや細菌、ウイルスなどの異物を粘液と一緒に副鼻腔の外へ送り出す働きを持っています。

副鼻腔炎とはなにか?

副鼻腔炎は、副鼻腔に細菌やウイルスが感染することなどによって炎症が起こり、鼻づまりや鼻水、頭痛、歯の痛みなど、さまざまな症状が起こる病気です。

syoumendanmen3

副鼻腔炎には、急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎があります。

急性副鼻腔炎は、細菌やウイルス感染などによって副鼻腔に起こる急性の炎症で、通常は1~2週間で治ります。頭痛や顔面痛などの急性炎症症状が起こります。

慢性副鼻腔炎は、急性副鼻腔炎が長引いたり、繰り返したりすることによって3ヵ月以上症状が続いているもので「蓄膿症」(ちくのうしょう)とも呼ばれます。慢性化する理由は、鼻と副鼻腔をつないでいる自然口という排泄路が細菌感染やアレルギー反応などによる粘膜腫脹により閉じられてしまい、副鼻腔に膿がたまることが原因です。たまった膿により、粘膜はさらに腫れ上がり、鼻たけ(ポリープ)が発生します。

 

副鼻腔炎を放置、悪化させるとどうなる?

炎症が長引くと、副鼻腔の分泌液の量が増えたり、その粘度が高くなったりして、さらに慢性副鼻腔炎の状態を悪くすることにつながります。引き起こされる症状は鼻づまりや鼻水、頭痛などさまざまです。

粘膜が腫れ上がることで鼻づまり、いびき、嗅覚低下などが起こります。また鼻が詰まるわけですから、口呼吸することで咳やノドを痛めること(風邪を引きやすく治りにくい、よく扁桃腺を腫らす)が多く、特に睡眠時の口呼吸では、朝起きるとノドが痛い、声がかれる、さらに熟睡が妨げられることで集中力の低下やイライラ、頭重感などの症状が出ます。膿がたまり副鼻腔の圧力が上がると、頭痛や頬が痛むなどの症状が出ます。鼻汁が喉からにまわる後鼻漏(こうびろう)は、気管支喘息を助長すると考えられています。

副鼻腔炎を放置することは、中耳炎などの他の病気を引き起こすことにもつながりますので、気になる症状があるときは、まずは早めに病院・診療所を受診しましょう。

副鼻腔炎を一発で治す上顎洞穿刺洗浄

これは非常に恐ろしい治療法ですが、効果はてきめんです!筆者である私も過去に3度この治療を受けました。受けるまでの過程は地獄。終われば天国です。

この治療法は、鼻の穴の横から副鼻腔内めがけて、釘くらいの太さの中空の針をハンマーでガツン!と打ち込み、そこ針の穴から人肌くらいの温かさの生理食塩水を流し込んで副鼻腔内を洗浄し、最後にその穴から抗生物質を直接塗布して治すという荒業です。

釘がめり込む瞬間は、頭蓋骨に「メリメリ」と衝撃が走るのが感じられます。
もちろん麻酔をしているので痛みはありませんが、目の前で鼻の中に釘を入れられて、正面から叩かれるという恐怖は、血圧MAXの状態です!

この治療法、ヘタすると、神経を傷つけたり、致命傷を負う可能性もあるので、熟練した医師を選ばないといけません。年の取った耳鼻科医ほど上手だと思います。

ただ、このようなリスクの高い?治療法であるがゆえ、この治療法を行なってくれる耳鼻科は少なくなってきており、某東京の耳鼻科医曰く、「東京都内に星の数ほど耳鼻科はあるけど、この上顎洞穿刺洗浄法のスキルを持っている医師は、数人くらいしかいないんだよね」と言っていました。

怖いことを書きましがが、もし、お近くの耳鼻科医にて副鼻腔炎でこの治療を受診できる場合は、治癒が早いのでぜひお勧めします。

健康サイト、ランキング