上咽頭炎歴一年半のつかささんへの回答

今回、つかささんから質問といただきました。

上咽頭炎で悩んでいる方にとって参考になる質問だと思いましたので、こちらのページからインラインで回答していきたいと思います。

—————————————————

ひろゆきさん初めまして、こんにちは
長くなりますが、書き込みさせてください。

→ はい、大丈夫です(^^)

私は上咽頭炎歴一年半になります
恐らくですが私の場合、受動喫煙で発症したものと思っています
風邪でもないのにある日突然痰だけが止まらなくなりました
当時喫煙環境にいたため上咽頭炎になる一年前に
受動喫煙症を発症しており、それが進行したものと思われます

→ 受動喫煙ですか・・・。私はたばこの煙が大嫌いなんですが、喫煙環境に居ざるを得ない状況はお気の毒だと思います💦

発症当時は上咽頭炎を見逃され薬ばかり出され3カ月経ってもよくならず、3軒目の病院で上咽頭炎と診断されました

→ 3軒目で上咽頭炎と診断でしたか・・・。ここがこの病気の問題なんですね💦

そこから約一年週に2回の通院でBスポット治療、
ラスト2カ月は鼻からだけセルフBスポットを毎日していました

血がつかなくなったので通院と鼻からのセルフも
終了しました
発症当時は痰以外に目眩、吐き気、倦怠感、頭痛の体調不良もありました
現在不調はほぼなく痰も寛解はしたのですが
まだ痰が気になり治療が必要と感じています

最近スマホのライトを口の中にあて
痰を確認したのですがのどちんこの裏から出てきており
透明で泡立った粘度の高い痰でした
(正にひろゆきさんのブログの画像で見た痰と同じです。粘度が高すぎて指で摘んでも切れずにブラブラとぶら下がっていました)

→ あの「いかそうめん」、出ましたか!💦

別の病院で内視鏡で見てもらうとはやり
のどちんこの裏に泡が付いているとのこと

以前通院していた病院で塗り残しかと思います
喉ちんこの裏の奥まではやってなかったので

そこで病院を変え週に1.2回ルゴールをのどちんこの裏に塗っていましたが、なんか効きが悪い…
塗ってる場所は悪くないと思うのですが
ルゴールなのと頻度がだめなのかなと

→ ルゴールは効きが悪いと私も思いました。まだリステリンオリジナルでやった方がマシです。

ただのどちんこの裏に塗り残しがあるところまでは
こぎつけたので、自分で喉の奥に塩化亜鉛を
塗ることを決意しました

いまはまだ慣れてないのでのどちんこの裏に塩化亜鉛をつけた綿棒を入れる練習しながら痰の張り付きがある場所を探ってます
最初は反射嘔吐に意識が持ってかれるので
綿棒の入れ方や異物感に慣れるところからスタートです

→ 最初は大変なんですが、慣れると嘔吐する反射区をうまく避けながら、できるようになりますよね。スポッと入って、意識を別のところへ持っていき、呼吸をゆっくりしてやれば、うまくできようになりますよね。

慣れたらハルトマン氏で毎日2回やるつもりです
こちらのブログでやり方を参考にさせていただきました
ほんとにありがとうございます

→ お役に立って、うれしいです!

ちなみにですがひろゆきさんは一日2回セルフをやるようになってかは何回くらいで痰が気にならなくなってきましたか?もしあれば目安が知りたいです

→ 1日2回を、1週間ほどやってから、痰が気にならなくなりました。

回数というよりも、如何に見えない患部に薬品を染み込ませた脱脂綿を当てていくかがポイントだと思います。

また、塩化亜鉛を塗るのではなく擦り付けて
擦過しなければいけないという意見もありますが
塗るだけでもいいのでしょうか?

→ 塗るだけではダメだと思います。粘液の層を突破して、粘膜に塗布する必要があります。

少し強く粘膜をこする感じのほうがいいでしょうか?

→ はい、少し強くがポイントです。擦りすぎると血が出ますので、血が出ないギリギリのところが最適なやり方です。

今の段階だと綿棒で塗ることはできるのですが
柔らかい紙軸なので擦ることはできていません
(ブログにあった通り、一本目の綿棒は粘液をぬぐい、
2本目の綿棒で粘液に塩化亜鉛を塗っています)

→ 綿棒ですとパワー不足ですよね。ペルテソン氏式が一番奥まで入って良いのですが、いま買えないんですよね・・・

最後にひろゆきさんはほぼ完治ということですが、
いまはもう上咽頭炎は生活に支障ないレベルで
セルフも行なっていないのでしょうか?

→ はい、もうセルフは行っていません。たまに痰は出ますけど、飛蚊症みたいなもので、時間が経てば慣れるので、今は生活に支障がありません。

精神状態も安定しています(^^)

長くなりすみません
ご教示いただけますと助かります
何卒よろしくお願いします