夏なのに風邪が流行しているようです。香港では夏のインフルエンザで死者が2003年SARS超え!ちなみに私もまた風邪引きました!

2017年8月28日

結構衝撃的なニュースがあります。
香港で夏のインフルエンザの大流行により死者が300人を超え、SARSでの犠牲数を超える事態に。その致死率は季節性インフルエンザの数十倍から数百倍に。

具体的には、季節性インフルエンザの致死率0.05%(2000人に1人)とか0.005%(2万人に1人)に対して、今回は致死率 2.1%(罹患者 50人に 1人が死亡)という状況です。
最近、日本の天気も、ゲリラ豪雨とか、日照不足でずっと曇りや雨とかで異常でしたが、この香港のインフルエンザも異常!というか突然変異の可能性が高いと思います。
日本で風邪を引いている人の数も例年よりも多いと思います。

感覚的な感想になりますが、夏なのにマスクをしている人が圧倒的に多い気がします。

そんな私もまた風邪を引いてしまいました。夏に2度も風邪引くのは、記憶にないので、人生初だと思います。

今回の風邪も喉に来ている感じです。上咽頭炎が治まって、バリアが薄くなっているからかもと思っていますが、夏でもイソジンしないといけないな〜と思ってますよ。

ただ、やっぱり風邪をひくとかなり血の混じった痰が出ます。見なくても想像できますが、おそらく上咽頭炎部分で風邪による炎症が起きているんだと思います。

今回も、薬は葛根湯だけですが、早寝早起きの規則正しい生活を心がけて、免疫力で治そうと思ってます。

皆さんも風邪には気を付けてください!

役に立ったらぜひとも応援よろしくお願い致します。↓

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村